JPN
ENG
日常の器
朝日焼伝統の急須(宝瓶)をはじめ、宇治の窯元として誇りを持って茶器を制作しております。

朝日焼は、茶どころ宇治の窯元として400年間、お茶にかかわる器を作り続けてまいりました。
煎茶器を作り始めたのは約150年前の八代長兵衛の頃です。
色鮮やかな発色の磁器(石モノ)と自ら掘る宇治の自然な土味が魅力の陶器(土モノ)とを制作しております。
朝日焼の茶器の特長は、繊細で丁寧な作りとロクロ成形による優美な形にあります。

河濱清器(かひんせいき)は、「生活の中でひと時、おいしいお茶を愉しむ時間」をコンセプトに朝日焼伝統の技術を詰め込んで制作した茶器です。河濱清器を収納し、リビングに家具のようにとけ込む器箱(きばこ)とともに、それを使う人の生活をより豊かにすることを願って制作しております。

湯のみ
 
湯のみ
 
茶盌燔師
茶盌茶の花紋
 
茶盌紅鹿背