JPN
ENG

TOP Tea wares

宝瓶 牛の絵 燔師

Order Item / ASAHIGAMA Pottery collection

宇治の陶土(燔師)で制作された宝瓶に干支「丑」を描きました。

十三世光斎の頃の宝瓶には、絵が画かれているものがたくさんありました。
日々の茶の時間に、自然と微笑んでしまうような楽しみをもたらしてくれる、
そんな絵の宝瓶を復活させたいと、牛がお茶を飲んでいるコミカルな姿を描きま
した。

八世長兵衛の頃より作る取っ手のない急須が「宝瓶(ほうひん)」です。
茶漉し穴が150個、胴体に丁寧に開けることにより、煎茶・玉露を美味しく淹れることが出来ます。

干支作品
サイズ  Φ100×75mm(注ぎ口を除いたサイズ)
容量   150ml
素材   燔師(宇治の陶土)
釉薬   透明釉、鉄絵
焼成   ガス窯
箱    紙箱

限定5個

Price 27,500 JPY


※こちらはOrder Itemです。ご注文後に正確な納期をお伝えいたします。事前に納期を知りたい方はお問い合わせよりご連絡ください。
→問い合わせ

※干支作品は11月初旬から順次発送を予定しております。年内の受取を希望の方は12月10日までにご注文ください

※干支作品は数に限りのある場合がございます

※焼き上がりのサイズや色味など少しの個体差はございます。お届けする商品はこちらの写真と同一のものではございませんので、あらかじめご了承ください。

(パソコンやスマホの環境により若干の写真の見え方の違いはございます。)

※実店舗とオンラインショップの在庫は違います。贈り物などで複数個ご希望のお客様はお問い合わせください。

※はじめてご使用される前に10分程水につけてからご使用ください。焼き上がりのままお送りしております。そのまま使用されるとシミがつきやすいです。

※ご使用後は毎回しっかりと水気を拭き取り、よく乾燥させてから保管ください。

item number
63027
Name
宝瓶 牛の絵 燔師
Price
27,500 JPY

Inquiries about purchase

CONTACT